アロハシャツの素材

アロハシャツの素材はどれがいいの?

アロハシャツの素材は、シルクや綿などの天然繊維や、レーヨン、ポリエステルなどの化学繊維など様々です。
素材によって着心地や値段などが変わってきます。
通気性に優れ、汗を素早く吸水する吸水性に優れているシルクのアロハシャツは、軽くて汗でベタ付いたりせず肌触りがいいのが特徴です。
そのため、人気も高く価格も高めです。
デメリットとしては、水洗いで縮みやすい点と、汚れがシミになりやすく落ちにくい点です。
レーヨンは、シルクに肌触りが近いのですが、シルクほど発散性が良くないので、汗で湿るとベタッと肌に張り付いた感じがします。
また、洗濯で縮みやすくシワになりやすい特徴もあります。
綿は、肌触りがよくて涼しく、吸水性に優れています。また、熱にも強くて丈夫なので、湿度が高く洗濯を沢山する日本に向いている素材です。
ポリエステルも、非常に強く丈夫で、乾きが早いのが特徴です。綿よりも、シワになりにくく、型崩れしにくい素材です。
吸湿性が綿ほど優れていないので、汗の吸収性は劣ります。
どの素材も、一長一短なので、いろんな素材のアロハシャツを試しながら、自分に合ったアロハシャツを見つけてみるのもいいかも知れませんね。